2000年ごろにできはじめた右手の人差し指の大きなイボが、2年間のヨクイニンで治った実体験のブログ

指に出来たイボの紹介

このページは、私が14年間放置していた指に出来た白い大きなイボが漢方のヨクイニンを飲んで取れるまでの経緯をお話ししています。

今から2年ほど前(2014年8月)、イボ取りのために漢方薬のヨクイニンを飲み始めました。
3ヶ月で取れるという話でしたが、全然取れる気配はありませんでした。
しかし1年9ヶ月たったころ(2016年5月頃)あっという間に消えてしまいました。

イボの写真 2014年8月

20140818(4)_small

 

今の写真 2016年7月

20160809(3)_small

 

私はもともとイボ体質です。
2002年頃、鼻の右下に8mmサイズの真っ黒いイボができて手術で撤去
全身にほくろのようなイボのようなものがたくさん(特に上半身)
顔にもぷつぷつとイボか何かがいつもあります。

しかし一番根深いイボは、この写真の右手の人差し指の透明な硬いイボ
正確には覚えていませんが、2000年頃にできて年々大きくなっていきました。

年々大きくなり、硬く盛り上がりそれだけならいいのですが、押すと痛むようになってきました。

さらに5年ほど前から別の指(右の中指)の付け根にもイボが出てきました。
さらに左手の薬指の爪の下のところにも2つイボが出来ました。

ヨクイニンを飲み始めたきっかけ

2014年8月
イボが年々大きくなって押すと奥の方が痛むようになってきました。

私はピアノ教師が仕事なので、手にイボができるとまずいです。
鍵盤に直接当たる場所ではないので致命的ではないですが・・

ただ将来的にもっと大きくなって痛みが増し、手術でしか取れないようになったらピアノに影響が出るのではと心配しました。

切開まではいかなくても、ドライアイスや窒素での治療でも不安がありました。
しかし皮膚科に行ったらスピール膏でふやかしたり、ドライアイスで治療されるのは目に見えていました。(以前別の場所にイボが出来て取ったことがあります。)

数も放っておけば数年に1個ずつ増えています。

そのときの写真がこちら

ヨクイニンのいぼ効果

20140818(3)

そこで漢方薬局に相談に行きました。

その漢方薬局で、ヨクイニンというハトムギの抽出物の漢方を薦められました。

そこの人(薬剤師か医師かわかりませんが)に見てもらったところ、10年以上放置していたイボなら取れるまで3ヶ月くらいかかるだろうと言われました。
騙された気になって一度3ヶ月くらい試してみて、と言われました。

ハトムギはよく聞くものですし、イボにはヨクイニンというのはなんとなく聞いたことがあります。

副作用もないようで、効果がなければそれまでのこと、やめればいいやという気分で、ダメ元でやってみようと思いました。

このときは3ヶ月でイボが取れるんだとワクワクしていたのを思い出します。

 

3ヶ月たっても、6ヶ月経過してもイボは変わらず(2015年2月)

2015年2月
3ヶ月どころか半年経ってもイボは取れません。
堂々と居座っています。

 

2014年9月の状態(1ヶ月目)

20140917

20140917(4)

 

 

2014年10月の状態(2ヶ月目)

20141003(2)

 

 

2014年11月の状態(3ヶ月目)

20141121

 

 

2014年12月の状態(4ヶ月目)

20141212(2)

 

 

2015年1月(5ヶ月目)

20150103

 

 

2015年3月(7ヶ月目)

20150307

少しいぼの位置がずれてきたようにも見えますが、写真の撮る方向でずれて見える程度で、取れる状態にはほど遠いものです。

少し白い部分がふやけて取れるかも?と思った時があったのですが、これも一時的なもの、全然取れませんでした。

半年たったころには、イボへの効果は諦めていました。
家族にもどうせ取れないだろうといわれましたし、やはり漢方はダメかという気分でした。

ですがヨクイニンはずっと続ける気になっていました。
というのは、予想していなかったほかの効果があったからです。
この年、冬になっても全然手が荒れず、かかとが割れなかったからです。

手荒れ

皿洗いや料理洗濯などで、毎年冬はあかぎれがたくさんでき、指先はがさがさになって、爪と肉の間がはずれてとても痛い思いをしてきました。

しかし、この年は、冬になったのに手が荒れなかったのです。
手のケアは、毎年ニベアを塗る、絆創膏を貼るくらいで特別なケアはしていません。

それで手と足ががつやつやできれいなのを見て嬉しくてやめる気がなくなってしまいました。

2015年6月

いぼの状態

2015年5月(9ヶ月目)

20150515(2)

 

少しずつイボが変化していました。
今度は写真の撮る向きではなく本当に、左側へイボが移動しています。

そして押した時の痛みが30%くらいやわらぎ、根元のしこりが少し柔らかくなっていました。根元の硬さが少し和らいでいます

漢方だから、じっくり効いてもしかしたらこの夏には取れるのかも?と手応えを感じました。

諦めかかっていた、いぼ効果があるのかもしれない・・

飲み始めて1年経っても取れない(2015年8月)

2015年8月

1年経ってもいぼはとれませんでした。

左に少し移動したもものの、また止まってしまって取れる様子がありません。
これからも取れないだろうと思いました。

ただ根元は弱くなっていました。
強くつまむと痛いですが、以前のようにふくれあがって皮膚から1mm程度盛り上がっている、そんな感じはなくなりました。

薬局の人は3ヶ月かかるっていってたけれど、1年飲んでいるのに取れないなー、やっぱり漢方はだめなのかな、という気分です。

ただ私は楽天家なのであんまりがっかりはせず、10年のいぼは取れないのか、もうちょっと早く飲んでおけば取れたのかな、と思ったりしていました。

手荒れしないのが気に入って夏でも続けています。

2015年10月(1年2ヶ月目)

20151005(2)

 

 

1年半たってもイボは取れず2016年2月

2016年2月
ついにヨクイニンを飲み始めて2回目の冬が来ました。

いぼは、というと左に少しずれたまま止まっています。
全然取れていません。

しかし、1年前より確実に根が浅くなっています。
表面に浮いている模様のような感じで根元は死んでいます。

いぼをつまむとわかるのですが、芯の深さがありません。
そして盛り上がりもなくなりました。
痛みもだいぶ減っています。

そして中指の付け根にあったいぼが消えかかっています。

こんなに時間がかかって治るものなのでしょうか?
半信半疑です。

 

ついにイボが消えた?(2016年5~6月)

ある日ふと思い出して指を見てみることイボがほとんど消えてかかっていました。

2016年6月(1年10ヶ月目)

20160615

(注意)定規に記名があったのでモザイクをかけています

最近、痛みや違和感がなくイボの存在をすっかり忘れていました。

あるとき突然消えたわけではないと思いますが(自覚がない)、確かにこの1ヶ月で急に消えています。

それで、昨年の10月以来の途中経過の写真がありません。

そもそもヨクイニンのホームページを作るつもりなどなく、遊び半分で家族に写真を撮ってもらっていたので、撮影の間隔もバラバラ、資料にならずに申し訳ないです。しかし不意にいぼが取れてしまって、あんまりも驚いたので、このサイトを作りました。

ほとんど指紋と変わらないくらいに薄くなっています
かすかにまるい残骸のようなものが見えます。

そういえば、押しても全く痛くないです。

今年の寒い時期4月くらいまでは、イボが合ったように思います(記憶が曖昧)
長く飲んでいて取れなかったのに、なぜ今になって急に1ヶ月くらいで消えてしまったのかわかりません。

気がついたら、爪の近くのイボもきれいに消えていました。
指の付け根のやつも消えています。

理由はわからない

イボがなぜ急に消えたのか、私にはわかりません。
おそらく漢方医にもわからないと思います。

しかし思い当たることが一つありました。
それは、初夏に甘いものを食べる量が減ったことです。

漢方薬局に初めて相談に行ったとき漢方薬をやるなら、酒を止めて甘いものを減らすほうが効果がある、と言われていたのを思い出しました。

もしかしたら、この甘いものを食べないことが、漢方の効きを良くしたのかもしれません

 

満2年目2016年8月イボから解放される!

しかし今では10年以上のおつきあいだった硬い硬いイボが消え、他の指にできていたイボもなくなっています。

イボの写真 2014年8月

20140818(4)_small

 

今の写真 2016年7月

20160809(3)_small

 

せっかちな方だったら、半年、長くても1年くらいで怒ってやめていたのではないでしょうか。

私はこの1年はもっぱら肌荒れしないという効果だけで飲んでいて私自身も、今更イボが落ちるなんて想像もしていませんでした。

それでイボがなくなった指を見て正直信じられない気持ちです。

最後に

5年、10年、15年と長くイボに悩んでいる方は私だけでは無いと思います。

特に今ヨクイニンを飲んでいて効果が出ないと思っている方は、アルコールと甘いものを控えてみてはいかがでしょうか。もしかすると、ヨクイニンの効果が発揮できて、イボが簡単に消えてしまうかもしれません。

10年もあったイボなら3ヶ月程度であきらめず、半年、1年続けてみてください。

もしかしたら、あともうちょっとでいぼが取れるところなのかもしれませんので、やめてしまうともったいないです。

頑張ってください

今ヨクイニンを飲んでいる方で、なかなか取れずに諦めかかっている方、
今から始めようかと思っている方など
何かの参考になれば幸いです。

 

様々なメーカーのヨクイニン錠

ヨクイニンの飲み薬はいくつかのメーカーが販売しています。

ヨクイニンを選ぶときのポイントは

医薬品であるものを選ぶこと

ヨクイニンが入っているサプリメントよりは第三種医薬品など医薬品にしっかりと指定されているものの方が効果が高いです。

ヨクイニン以外の成分

ヨクイニンは漢方薬ですので、それ以外に漢方薬の成分が含まれていることがあります。

漢方はヨクイニンだけという方には問題ありませんが、いくつか漢方飲んでいる方の場合カンゾウ成分などの摂りすぎになってしまう恐れがあるので、ヨクイニンだけが含まれているものを選ぶ必要があります。

粒の大きさ

大切なのは粒の大きさの見やすさです。
漢方は1日3回飲まないといけません。
そのため粒が大きすぎると毎日のヨクイニンの服用が負担になってしまいます。

ですので、最初はお試しなどを購入して自分に飲める大きさの粒なのかをチェックする必要があると思います。

ヨクイニン錠おすすめランキング

クラシエヨクイニンタブレット

y1(5)

クラシエヨクイニンタブレットは第三種医薬品に指定されている医薬品でヨクイニンだけの成分が入っているものです。
種類は126錠入りと504錠入りがあり7日分と28日分になっています。

1位になっているのは価格と錠のサイズを考慮し、価格は1ヶ月あたり約2000円程度、そして粒が5ミリ程度の大きさで飲みやすく続けやすいということを考慮しています。
クラシエヨクイニンタブレットは1日3回、1回6錠ずつ飲みます。

新日本製薬のヨクイニン錠SH

sh(6)

新日本製薬が販売しているヨクイニン錠SHは第三種医薬品に指定されていてヨクイニンだけの成分でできているものです。

このヨクイニンは1日3回4錠ずつ飲みます。
粒の大きさは9ミリ程度の大きさでクラシエのヨクイニンに比べるとかなり大きいです。
2位にランキングしているのは値段と大きさを考えました。

まず大きさは9ミリ程度ですが、割とつるっとして読みやすくて良いのですが、2ヶ月目以降の値段が4100円になってしまうため、コストパフォーマンスが少し悪いと思いました。

ビタトレールヨクイニン錠

img1921

本草製薬がビタトレールヨクイニン錠を販売しています。
こちらは540錠入りで30日分第三種医薬品に指定されています。

飲み方は1日3回1回あたり6錠ずつ、ビタトレールもヨクイニン以外の漢方薬成分は含まれていません。
3位になっているのは大きくて読み込みにくいこと、値段は月額1700円と一番安くて続けやすいのですが、大きさが大きくて粒がカクカクしていて飲み込みにくいため3位にランキングしています。

JPSのヨクイニンエキス錠

img1922

JPSもヨクイニン錠を販売しています。
JPSのヨクイニンエキス錠は第三種医薬品に指定されていて260錠で約29日分あります。

ヨクイニン成分以外にカンゾウ成分を含みます。
他に漢方薬を飲んでいる方注意が必要です。

飲み方は1日3回、3錠ずつ、価格は1700円程度でコストパフォーマンスは悪くないと思います。
4位になっている理由は甘草成分が含まれていることを考慮しています。

塗るタイプで外からもケア

イボの治療はヨクイニンを飲むことが基本です。
ヨクイニンは医薬品ですので、イボを取ったり肌荒れを治したりする効果が効果があります。

ですが、漢方薬ですので、効果が出るまで時間がかかってしまいます。
場合によっては2年ぐらいかかってしまうことがあります。

できるだけ早くイボを解消していきたい場合は、飲むヨクイニンに加えて塗るタイプも追加した方が効果的
です。

塗るタイプはハトムギエキスが含まれていて直接イボに塗ることで成分を届けることができます。

そしてヒアルロン酸コラーゲンなどの保湿成分が含まれているので、肌の状態を良くして新陳代謝を活発にして行くので飲むヨクイニンだけよりも効果的です。

塗るヨクイニンを選ぶときのポイント

ハトムギ成分が入っている

当たり前ですが、ハトムギ成分がしっかりと含まれているものを選びましょう。
ハトムギ成分といっても脂溶性と水溶性の2つの成分があり、ダブルで入っている方が効果が高いです。

保湿成分が含まれる

イボや肌のかさつきをケアしていくためには、肌を保湿して新陳代謝を良くすることが大切です。
そのためにはコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分、新陳代謝を高める成分が含まれている方が効果的です。

続けられる値段のもの

大切なのは続けられる値段であること。イボをケアするのには時間がかかりますので、1ヶ月に3ヶ月ですぐとれるのではありません。
そのためあまりにも値段が高すぎるものだと途中で挫折してしまいます。

ですので、選ぶときのポイントとしては内容量が沢山入っていてよく持つもの、月額料金があまり高くないこと、もう一つ注意しておきたい点として定期コースの解約縛りです。
塗るタイプのヨクイニンには何ヶ月購入してください、という定期コースの縛りがあるものがありますので、注意が必要です。

塗るタイプのヨクイニン美容ジェルランキング

艶つや習慣

艶つや習慣

tu(6)re

  • ハトムギエキス配合
  • あんずエキス配合
  • コラーゲンやヒアルロン酸を配合たっぷり入っている

艶つや習慣はインターネット販売専門のポツポツケアジェルです。
これまでに35万個を突破していて人気商品です。
艶つや習慣にはハトムギから抽出した成分や杏エキスなどイボ対策に重要な成分をしっかりと配合しています。

そしてそれ以外に肌の新陳代謝を活発にしてくれる成分やコラーゲンやアロエベラなど肌保湿してくれる成分をしっかりと含まれています。

注目ポイントはコストパフォーマンスが良い事、1か月分で120gも入っていてたっぷり使うことができます。
人によっては2ヶ月足りてしまう方もいます。

そして初回の価格は2052円で、2回目以降も3200円と続けられる価格設定です。

艶つや習慣の公式サイトはこちら

クリアポロン

クリアポロン

img1417

  • 2つのタイプのヨクイニン配合
  • ターンオーバーサポート成分配合
  • たっぷり60g
  • 保湿成分セラミドコラーゲンを配合

クリアポロンは脂溶性と水溶性の二つのタイプのヨクイニンを配合していて、イボやザラザラをケアすることができます。
そしてターンオーバーをサポートしてくれる杏エキス、美肌に良いプラセンタやビタミンC誘導体、保湿成分であるアルロン酸、セラミドなどもしっかりと配合しています。

1つのボトルで60g入っていてたっぷりケアすることができます。
価格は初回1800円、2ヶ月目以降5440円です。定期コースで注文した場合縛り回数があり、最低3回受け取らないと解約することができません。

クリアポロンの公式サイト

シルキースワン

シルキースワン

img1923

  • 2つのタイプのハトムギ成分
  • 杏エキス配合
  • ドクダミ・大豆エキスなど植物成分配合

シルキースワンは2つのタイプのハトムギ成分を利用していて、杏エキスなど角質ケアに効果的な成分を配合しています。

そして植物成分から取られている大豆エキスやドクダミエキス、そして保湿に重要なコラーゲンやヒアルロン酸などもしっかりと配合しています。

容量は20g×2つで1か月あたり40g、1ヶ月から1か月半持ちます。

初回価格は2980円、2ヶ月目以降は5400円、定期コースの場合定期コースで何回購入してくださいなどの縛りはありません。

シルキースワンの公式サイト

参考サイト:全国宅配食事.net

イボの治療は飲むヨクイニンがベース

このページでは実際に飲んでイボが取れたヨクイニン、そして美容ジェルを紹介しています。

ですが、やはりイボの治療は飲むタイプのヨクイニンの基本です。
大変ですが、ヨクイニンを1日3回ずつ飲んでいくことが大切です。

ですが、漢方薬なので時間がかかってしまいます。

なるべく効果をアップさせるためには、外側から塗るタイプのヨクイニンを浸透させることでよりケア効果を高めることが大切です。